高畑街道祭りとは

神が宿る高畑町

頭塔に代表される神秘を感じられるエリアで、歴史ある街道には古民家も多く残っており、それらを改築した可愛いショップ、隠れ家的なお店も。 指定文化財である青田邸には春日大社の神様のための釜「おくどさん」が存在しています。

 

上清水・中清水・下清水、三つの流れが重なる街

今でこそ高畑と呼ばれますが古くは清水町と唄われ、春日山原生林から流れてくる清い水は、この地域に多くの酒蔵や味噌製造などの産業を生み出しました。

奈良を愛した入江泰吉の写真美術館、文豪志賀直哉旧居のみならず、今でも多くのアーティストたちがこの街に惹かれて移り住んできております。

 

 

平成28年 キックオフ

平成28年に奈良市高畑町に暮らす顔なじみが集まり、「地域に活気を生み出し、住民がともに笑顔になる」―――― そんな活動ができないものかと始めたのが「高畑街道祭り」です。

名所旧跡を抱えつつも、一般的にはまだまだ知られていない高畑のまちおこしとして、また、住宅地に店舗や社寺、文化財が点在する地域柄ゆえか、横のつながりが希薄であった高畑に人と人との「縁ときずな」を生み出し、そして代々住まわれている皆様にもあらためてこの街の魅力を知ってほしいという願いを込めたイベントです。

 

 

初年は手探りでしたが、地元の企業・商店さん等から多くのご協賛をいただき、地元ならではの最新情報を盛り込んだ「高畑街道地図」を製作いたしました。

これは高畑界隈の散策や社寺参拝に訪れる方のみならず、地元の方々にも、今の高畑を知り、楽しんでいただこうと考えたものです。

また11月には、高畑の内外の皆さんに一緒に楽しんでいただく、「ゲストハウス、お寺、カフェのリレーライブ」も開催し、好評を得ました。

 

 

平成29年  第二幕

今年は、昨年の取り組みを礎に、さらに地域の内外の皆さんに楽しんでいただくべく、9月に「かなで奉納舞台 in 不空院」を、10月には昨年に引き続き、リレーライブを開催します。

  

地域の内外の皆さま、ぜひご理解・ご協力・ご参加をいただき、ここ奈良・高畑の地を楽しんでいただければ幸いです。